ホーム みたか連とは 活動予定 連員募集 コラム お問合せ

 
もうすぐ阿波踊りシーズンです。

阿波踊りを見ていると、各連の踊り手から

元気のいい掛け声が聞こえてきます。

お囃子の拍子に合わせ調子を取る掛け声。

どんなものがあるか知っていますか。

一かけ、二かけ、三かけて♪
四(し)かけた 踊りは やめられない♪
五かけ、六かけ、七かけて♪
八(や)っぱり 踊りは やめられない♪




歌い始めは、各連によって違いますが

この歌が一番よく聞くと思います。

お囃子のテンポが上がると、踊り手は「三歩」という

変則的な踊りになることがあります。

三歩で盛り上がったあと、再び元のテンポに戻った時に、

足並みを揃えなおしたり、長い距離の流し踊りで

疲れてしまった時に、この掛け声をみんなで歌い、

体力と笑顔を取り戻し、更に元気よく踊ることが出来ます。

もちろん、観客のみなさんが合いの手を入れてくれると

踊り手、お囃子もやる気がぐーーんと上がり、

もっと踊りが楽しくなります。

今年は、ぜひ、この掛け声に参加してみては

いかがでしょうか。



基本の掛け声を、

各連独自の歌詞に変えているものの中で、

一番みたか連らしい掛け声をご紹介★

みたか連では女踊り(鷹)の一人が

予告なしに最初の掛け声を歌います。

続けて、鷹全員が合いの手を入れます。

再び、最初の一人が次の掛け声をかけ、

全員で合いの手…

と、歌い切ります。

観客の皆さんはこの「合いの手」の部分で

ぜひ、みたか連を応援してください(´∀`)ノ

各コラムのバックナンバーはこちら
ホーム みたか連とは 活動予定 連員募集 コラム お問い合わせ
 
copyright(c)2014 awamitakaren all rights reserved
inserted by FC2 system